靴・小物

【スーツは安くても高くてもダメ】売れる営業マンが着るべきスーツをお伝えします

営業をする上で必須アイテムのスーツ。

買う店でスーツのタイプも変わり、新しいスーツで初めて職場に行く日は、テンションも上がるものです。

本日は営業マンが着るべきスーツをご紹介していきます。

こんな方におススメの記事です

・営業をする上でのスーツ(店・色・価格)が知りたい
・安い買い物ではないので、無駄な出費にはしたくない

1.スーツを買うならこの2店がベスト

「洋服の青山」や「AOKI」などスーツ量販店って、たくさんありますよね。

店によってはゆったり目のスーツから、細身のスーツまで種類もいろいろあります。

特に30歳前後の方は、スーツ量販店が若年者層をターゲットに展開している2店舗がおススメです。

① THE SUIT COMPANY(スーツカンパニー)
② SUIT SELECT(スーツセレクト)

1-1.THE SUIT COMPANY

スーツカンパニーは青山商事が運営する、若者向けスーツブランドとなります。

20~30代をターゲットととし、豊富な種類の中から好きなスーツを選ぶことができます。

1-2.SUIT SELECT

こちらは株式会社コナカが運営する、若者向けスーツブランドとなります。

ターゲット年齢層、種類はスーツカンパニー同様です。

シルエットにこだわりがあるため、細身の方はこちらのほうがおススメです。

2.「色」と「価格」について

2-1.色は「紺」なら何着あってもOK

ネイビーはかつての英国海軍の象徴であり、軍服はスーツの起源でもあります。

そのルーツからネイビーは男性に威厳を与え、相手の信頼を得やすくなる効果があります。

ネイビーのスーツはフォーマルな場でも、カジュアルな場でもどちらでも着ることができ、非常に汎用性が高いのも特徴です。

濃い色から薄い色までありバリエーションにも富んでいます。

営業マンはまさに現代の戦士。

そして紺のスーツは現代の軍服となります。

とりあえず「迷ったらネイビー」でOKです。

2-2.「価格」は安くても高くてもダメ「3~4万円」のものを

1着2万円スーツや、2着目1,000円のスーツではだめなの?

ダメではないですが、「3~4万円」の価格帯のスーツとは圧倒的に「生地」が違います。

実はスーツの生地には「SUPER○○○‘S」との記載がタグにあり、安い生地だと100以下良い生地だと100以上となります。またこの数字が多いほど糸が細くなり、繊細な生地となります。

しかしあまり高級すぎると、今度は糸が細くなりすぎ耐久性が低下してしまいます。

営業には不向きですよね。

したがって、「良い生地」を使いつつ「耐久性」もそこそこあるスーツとなると「3~4万円」の価格帯となるわけです。

見た目が重要かつ、行動量が必要な営業マンにはベストな価格帯となるわけです。

3.その他

3-1.小物はスーツと一緒に買うといい

ワイシャツ、ネクタイ、靴下、ハンカチと、買いに行くと同時に進められると思います。

多くの店舗では、セットだと20%オフにしてくれるケースが多いため、小物類はセットで購入するのが経済的です。

ネイビーと相性のあうスーツは、こちらをご参考ください。

・ワイシャツ(青・白)
・ネクタイ (ネイビー・エンジ)
・シューズ (黒・茶色)

既にお持ちのものとあわせていくのがベストですが、もし持ち合わせがなければ水色のワイシャツとネイビー(ストライプなしの単色)のネクタイをおススメします。

POINT

細身の方は、ネクタイも細身のシルエットがおススメです
店員の方に聞いてみましょう

4.まとめ

✔ 購入はスーツカンパニーかスーツセレクトで
✔ 「3~4万円」のネイビースーツがおススメ
✔ 小物類はスーツとあわせて購入が経済的

営業は印象が第一

清潔感のあるスーツで確実に好印象を勝ち取りましょう!

-靴・小物

Copyright© え?丸腰で営業してない? , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.